バランスシート

貸借対照表(バランスシート)で家計の安定度を見る

以前、『1年に1度は家計のバランスシートを作ろう』というコラムで、バランスシートの作成の仕方をご紹介しましたが、せっかく作成していただいたので、今回はその活用の仕方をもう少し詳しくご説明したいと思います。

まず、バランスシートの形式を復習しておきましょう。

バランスシートの形式

資 産 負 債
流動資産
現金
預貯金(普通・定期)
税金の還付
流動資産の合計 

市場性のある投資信託
債券および債券ファンド
株式および株式ファンド
市場性のある投資信託の合計

貯蓄性のある保険商品
個人年金保険
終身保険
貯蓄性のある保険商品の合計

年金資金
企業型確定拠出年金
iDeCo
年金資金の合計

不動産
土地・家
不動産の合計

家計資産
自動車
家具、家電
家計資産の合計

その他の資産
切手コレクション
その他の資産の合計

資産の合計

流動負債
クレジットカードの借金
1年以内に返済予定の借金
その他の流動負債
流動負債の合計 

固定負債
住宅ローン
自動車ローン
その他の固定負債
固定負債の合計

負債の合計

 

 

 

 

 

 

 

 

純資産
純資産
純資産の合計

負債と純資産の合計

 

概念をまとめておくと、資産=現在持っている資産の総額負債=借金・ローンの額純資産=資産から借金を引いた、本来持っている純粋な資産額、となります。純資産は会計では資本とも呼ばれます。

普段見る場合は、資産 – 負債 = 純資産と簡単に見ていれば問題ありません。

家計簿だけでは毎月の収支が黒字か赤字かぐらいしかわかりませんが、このバランスシートの純資産を追っていくと、自分の家計がどれだけ安定しているのかを見ることができます。

つまり、もしマイホームや車や宝石などを売却して借金やローンを全て完済した場合、自分の手元にどれだけ残るのかがわかるということです。

純資産がマイナスになっている場合は、家計に融通が取りづらく、非常に不安定な状態と言えるので、できるだけ早く家計を改善する必要があります。

この改善の仕方ですが、大きく分けると、「資産を増やす」と「借金を減らす」の2種類の方法があります。

まず、資産を増やすですが、これは家計を改善し、できるだけ貯金額を増やすことです。もちろん資産運用で増やすことも考えられますが、純資産がマイナスの段階では、資産運用でマイナスを出すと余計傷口が広がることにもなるので、できれば安全な方法で貯金額を増やしましょう。

次に、借金を減らすですが、普通は現金を借金返済に充てるので、負債が減る分だけ資産も減ります。なので、すぐには純資産が改善しないことがほとんどですが、借金やローンを放っておくと、どんどん利息が着いてしまいますし、前述した通り資産運用でもリターンを求めるのが難しくなります。まずは純資産がプラスになることを目標に、節約をして負債を減らしていきましょう。

目標としていただきたい純資産の額の目安は、年代ごとによって違いますので、まとめておきます。

理想的な純資産の割合

  • 20代・・・年収と同じぐらいの額
  • 30代・・・年収の2倍
  • 40代・・・年収の3倍
  • 50代~退職・・・年収の5倍

あくまで一つの目安として、上記の額を目標に家計改善に取り組んでみてください。

家計簿が日々の収支の無駄を見つけるのに役立つ一方、バランスシートは長期的な視野に立って家計を見るために便利です。例えば、必要以上に大きい住宅を購入したり、頻繁に車を買い換えたり(車は資産価値が下がるのが早い)、今のマンションに住んでいると、純資産が予定通り増えていかない、などがわかるようになります。

今回はバランスシートの活用の仕方をご紹介しましたが、純資産の改善を目指す方は半年に1回、計画通りに純資産が増えている人でも1年に1回はバランスシートを作成して、家計の状況を見てみてください。

関連記事

  1. 夫婦で話し合い

    夫婦で話しておきたいお金の6つの項目

  2. ライフイベント表

    ライフイベント表を作ろう

  3. サンクコスト

    意思決定に役立つマネー用語(1) – サンクコスト

  4. 住宅購入を支援する制度

    住宅購入を支援する制度

  5. 意思決定に役立つマネー用語(2) − 機会費用

  6. 夫婦の財布は一緒か?別々か?

    夫婦の財布は一緒か?別々か?

  7. 住居選びで一番に考えたいこと

  8. 妊娠・出産の保障

    妊娠・出産時に利用できる社会保障と公的補助(下)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。