住居の選び方

新居を探す時に考えること

住居費は人生の支出の中でも中心をなす項目となりますので、家を買うか一生賃貸にするか、また買うならば、一戸建てにするか、マンションにするか、それとも高層マンションにするかなど、色々と迷う部分も多いと思います。

しかし、特に、家を買うか、一生賃貸にするかという問題は、専門家や専門誌によって意見がほぼ真っ二つに別れており、結局のところメリットとデメリットを比べて自分で決断するしかありません。

今回は、住居をどうするかということについて、特に考えていただきたいことをご紹介します。

実用性を考えれば、賃貸に軍配

賃貸のメリットは、ライフスタイルや家族の変化に対応しやすいことです。

例えば、転職や転勤といった移動を伴うイベントが起こった場合、賃貸であれば、引越しの手間はかかりますが、家族で移動もしやすいですし、実際住んでみてその土地が自分に合わなくても、引越しがすぐできるというのは有利です。

また、家族構成の変化によって、最適な家の間取りを選べるという点も見逃せません。二人で住む時は狭い部屋で十分でしょうし、子供が生まれたら少し広い家に移動できます。子供が巣立ったら夫婦で住むのに充分な住居に落ち着くという住居の選び方が自由にできます。

一生家賃を払う必要があるのがネックですが、部屋のグレードを選べるのも有利でしょう。住宅ローンを一旦組んでしまうと、支出が増えようが収入が減ろうが、一定の額を何十年も払いつづけなければならなくなります。その点、支払いが厳しくなったら住居のグレードを下げて調節することができるのは大きなメリットです。

老後のことを考えれば、家を買う方が安心

ライフスタイルの融通という点では劣りますが、家を買うと確かに老後は安心です。

住宅ローンを払い終わった段階で、住宅費の負担が減りますし(依然として、固定資産税や都市計画税などはかかります)、資産として残ります。住宅ローンを借りる際も、税制面で優遇されるのも嬉しいメリットです。

また、賃貸で一生を過ごす上で最も問題になりやすいのが、高齢になってからの住まいです。高齢者になると、収入や連帯保証人の関係から、物件が借りにくくなるので、老後の計画はしっかりと立てておく必要があるでしょう。

最も大切なのは、勤務先からの距離

住居を選ぶ際に、賃貸か分譲かという区別の他に重視して欲しいのは、勤務先からの距離です。

通勤時間は、家に庭があるかどうかや、2階建てか3階建てかという違いよりも、人生の満足度に非常に大きな影響を与えます。

例えば、通勤時間が0から22分に上がった場合の人生の満足度の低下を相殺するには、年収が3分の1上がる必要があると言われています(年収600万なら800万に増えてようやくイーブン!)し、通勤時間に片道1時間かかる住居に住む環境による幸福度へのマイナスの影響は、失業と同程度とも言われています。

特に若い時は、毎日の時間が1時間増えるだけでも、様々な自己投資により自分の価値を高めることができますし、ただ睡眠時間が1時間増えるだけでも非常にメリットが大きいでしょう。

★        ★        ★

今回は住居に関するコラムをご紹介しましたが、結局は住居というものは自分が何を大事にするかで決めるしかないものでもあります。

ただし、最後にご紹介したように、通勤時間というのはほとんどの人にとってとても大きな要素となるので、勤務先の近くに家を建てれるのか、分譲マンションはあるのかや、自分の仕事は転勤が多いのか、それとも人生計画で転職の頻度はどのぐらいかなど、勤務先との距離の見通しもぜひ判断の基準の一つに加えてみてください。

関連記事

  1. 意思決定に役立つマネー用語(2) − 機会費用

  2. 嵐山の竹林

    給与明細から正しい手取り(可処分所得)を計算しよう

  3. 妊娠・出産の保障

    妊娠・出産時に利用できる社会保障と公的補助(下)

  4. バランスシートの作成

    1年に1度は家計のバランスシートを作ろう

  5. ギャンブルは最初が肝心

  6. 夫婦の財布は一緒か?別々か?

    夫婦の財布は一緒か?別々か?

  7. ライフイベント表

    ライフイベント表を作ろう

  8. 母子家庭を援助する制度

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。