主婦のiDeCo

主婦がiDeCoを利用するメリットは少ない

2017年から新しくリニューアルされたiDeCo(個人型確定拠出年金)では、加入対象が大幅に広がり、今まで加入できなかった主婦の方も利用できるようになりました。非常に強力な税制優遇が特徴のiDeCoですが、主婦の方が加入するメリットはそれほど多くありません。今回は主婦の方とサラリーマンの方が制度を利用した際の、税制優遇の比較を中心にお話しします。

なお、本コラムでの主婦とは、専業主婦の方と、年収が130万円までの方としています。

拠出時の所得控除の効果が少ない

iDeCoの節税効果として、掛け金の全額が所得控除になることと、運用益が非課税になる2点があげられます。まずは掛け金の所得控除について、見ていきましょう。

iDeCoにお金を拠出すると、その拠出額が所得から引かれ、その引かれた後の所得金額に税金がかかるようになるので、結果として税金が安くなります。一例として、課税所得が500万円の人にかかる税金は、本来所得税・住民税合わせて109万4,500円ですが、毎月iDeCoに2万円(年額24万円)拠出すると、その分課税所得が減り、かかる税金は102万1,500円となり、7万3,000円の節税効果になります。

年齢や扶養家族の有無などによってこの節税額は変わってきますが、以下のサイトで簡単に計算できるので、興味がある方は利用してみてください。

・ろうきん – iDeCoの節税シミュレーター

https://rokin-ideco.com/setuzei/

・iDeCoポータル – 節税メリットシミュレーション

http://www.jis-t.kojingata-portal.com/about/setsuzei.html

専業主婦もしくは年収が103万円以下の主婦の場合、iDeCo云々よりも、そもそも所得税自体がかかりません。年収が130万円の主婦に関しては、130万円から103万円を引いた27万円の部分にiDeCoによる節税効果がありますが、27万円すべてをiDeCoに拠出したとしても、もともとかかる所得税・住民税が少額なので、そのメリットは微々たるものです。

要するに、掛け金の所得控除の効果という点では、主婦の方のメリットは、無いか、あっても少ないということになります。

運用益が非課税になるメリットは依然としてあるが…

運用益が非課税になるとは、例えば100万円のお金を投資で120万円に増やしたとすると、本来増えた20万円の部分に20%(正確には20.315%)、4万円の税金がかかりますが、iDeCoで運用した場合、その4万円がかからず、20万円の利益をそのまま受け取れるということです。

iDeCoは老後資金の形成が目的なので、運用期間が長いという特徴があります。なので、この運用益が非課税になるメリットはとても大きいです。例えば、毎月1万円を20年間積み立て、その間年率3%で運用したとすると、この場合の20年後の資産は約328万円になります。元金が1万円 × 12ヶ月 × 20年 = 240万円なので、運用益は約88万円。本来ならこの20%の17万6,000円税金がかかりますが、この額が節税できます。

しかし、当然ながら、運用益が出なければ節税のメリットは受けられません。iDeCoで拠出している人の中には、老後の年金を減らしたく無いという思いから、元本確保型の商品を選ぶ人がいます。これらの商品は満期まで保有する場合、元本割れする心配はないのですが、利益も期待できない商品です。利益がなければそれにかかる税金が非課税でも意味はありません。

さらに、iDeCoには毎年手数料がかかるので、利益の出ない商品ばかりを買っていると、手数料の分だけ損をすることにもなりかねません。サラリーマンであれば、上記の拠出時の所得控除が大きいため、元本確保型の商品ばかりを保有してもメリットはありますが、主婦の方の場合は、こうった商品は避け、積極的に利益を求める必要が出てきます。

家計の中でどれだけリスク資産にお金を回せるかという問題もありますが、運用益が非課税となる点では、2018年から始まるつみたてNISAも同様で、こちらの場合は途中で換金もできますので、あえてiDeCoを中心に考える必要は無いようです。

結論として、投資に積極的な人以外、主婦の方がiDeCoを利用するメリッットはそれほど多くありません。もちろん利用する、しないではなく、少しだけ利用してみるなど、他の選択肢も含め、検討してみてください。

関連記事

  1. どこにお金を預ければいいのか?

    どこにお金を預ければいいのか?(1)

  2. 教育費の考え方

    子供の教育費はいくらかかるか?

  3. 老後のライフプラン

    これまでの老後のライフプランは参考にならない(1)

  4. 自営業者の年金

    自営業者が利用できる老後資産形成のための制度(上)

  5. 毎月分配金の投資信託

    毎月分配型の商品で資産は運用できない

  6. 商品選択の具体例

    数字に騙されないための、商品比較の例

  7. 長期入院で働けなくなる事態にどう備えるか?保険は?

  8. 老後に残したい4つの財産

    老後に必要な4つの財産

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。