つみたてNISA(1)

つみたてNISAの勧め

2018年1月から、NISAの新しい制度「つみたてNISA」が始まります。現行のNISA(以下、現行NISA)も、投資を考えている人にとっては税金の面でお得なのですが、非課税期間が5年と短く、強くはオススメしていませんでした。しかし、来年度から始まる「つみたてNISA」は、非課税期間が20年と長く、一人でも多くの人にぜひ利用していただきたい制度となっています。

今週から数回に分けて、現行NISAとの比較や、新制度の特徴、どのように利用すればいいのか、などをコラムでご紹介したい思います。

今回は、NISA共通の特徴と、現行NISAとの違いから。

運用益が非課税になる

NISAの大きな特徴は、NISA口座(非課税口座)内で、毎年一定金額の範囲内で購入した、株や投資信託などの商品にかかる税金が、ゼロになることです。

例えば、10万円の投資信託を買って、1年後に12万円になった場合、本来ならば値上がりした2万円に対し、20%*である4,000円の税金がかかるので、実際に受け取れる金額は1万6,000円になります。

*2037年までは復興特別税がかかり、20.315%となっています。

しかし、この取引をNISA口座を利用して行えば、税金がかからないので、値上がりした2万円を丸々受け取ることができます。

どれぐらいの金額まで税金がかからなくなるかというと、現行NISAは年間120万円まで、新しく始まる「つみたてNISA」は年間40万円まで、となっています。

これだけ見ると、つみたてNISAの方が利用できる金額が少なく、損だと感じるかもしれませんが、税金がかからない非課税期間が、現行NISA5年に対し、つみたてNISAは20年と、非常に長くなりました。

これは、現行NISAが1年間に何回も取引を行う人を前提としているのに対し、つみたてNISAは、長期的にコツコツ積立投資を行う人を対象にしているからです。

例えば、投資に興味があり、取引もそれなりにしている現行NISA利用者と、年間何回も取引するつもりはないけど、貯金以外の運用方法を探してつみたてNISAを利用する人を、次の条件で比較して見ましょう。

Case1. 現行NISA利用者

条件:年間100万円投資、毎年5%の利益、NISA口座利用期間は5年間

100万円を5%で運用した場合、1年後には105万円になります。

1年後、5%の利益が出るたびに売って利益を確定させた場合、本来ならば利益5万円に対し20%の税金がかかるので、1万円は取られていきます。それが5年間続くので、1万円×5年間で、5万円税金として払うことになります。

NISA口座を利用した場合、毎年かかる税金の1万円が非課税になるので、その5万円分が丸々得になります。

Case2. つみたてNISA利用者

条件:年間36万円(月3万円)積立、毎年3%の利益、NISA口座利用15年間

積立する人の場合、取引は考えず、15年間ほったらかしで、15年後にすべて売るとします。ここでの利益ですが、同じ年率3%でも、1月に払った3万円と12月に払った3万円では、増える額は変わってきます(当然1月に払った方が多く増える)。

詳しい計算は省きますが、年間36万円を毎年3%で運用したならば、15年後には約680万円になります。払った金額の合計額(元本)は540万円(36万円×15)ですので、利益は140万円。

本来ならば、この140万円に20%の税金がかかるので、28万円取られますが、その28万円分が非課税になります。

 

このように、年間に投資できる金額が少なくても、運用期間が長期に渡れば、利益も大きくなります。同じように投資をしても、はじめにNISAの口座開設の手続きをするだけで、28万円も得することができます。

ここで、毎年3%の利益は出せるのか?という人もいると思いますので、次回はどのような商品を買えるのか、どう利用すればいいのかを書いていきたいと思います。

関連記事

  1. 確定拠出年金(中)

    サラリーマンが知っておくべき確定拠出年金の事実(中)

  2. コストと税金

    資産運用は「手数料」と「税金」にこだわる

  3. どこにお金を預ければいいのか?

    どこにお金を預ければいいのか?(1)

  4. ポートフォリオ

    あなたにオススメの資産バランスは?(ポートフォリオ)

  5. 金融商品の選択基準

    商品選択の基準 – 『流動性』『収益性』『安全性』

  6. 主婦のiDeCo

    主婦がiDeCoを利用するメリットは少ない

  7. 投資信託の選び方

    5分でわかる安心できる投資信託の選び方

  8. 資産運用が大切っていうけど、他の人はどれぐらい投資してる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。