夫婦の財布は一緒か?別々か?

夫婦の財布は一緒か?別々か?

結婚すると夫婦でお金の管理を考えていく必要があります。特に、共働きの場合、収入の入り口が2つあるので、入り口が1つの専業主婦会計に比べ、お金の出入りが複雑になりがちです。

今回はこの夫婦の財布の管理方法について、3つのパターンと注意点をご紹介します。

1. 財布を別々にする

夫婦それぞれで財布を持ち、家計支出を項目で分担する方法です。例えば、夫が住居費や水道・光熱費を、妻が食費や日用生活品を担当する、というやり方です。

どちらもおこづかい制ではないので、自由度が高く、最も気楽に過ごせるパターンです。

ただし、この方法は、家計支出で負担した分担分以外は各々自由に管理するため、お互いの収入がわからない、給与明細もみたことがないという人もいます。いざ調べてみると、お互いに相手が貯金していると思ってどちらも貯金していなかったり、相手に内緒で借金していたりというケースもあるので、注意が必要です。

夫婦だけでの生活なら特に問題なく管理できますが、後々子供が生まれた時、ライフスタイルの変化に対応することが難しい点もデメリットです。妻が一時的に働けない時期や、子供が増えるにしたがって、養育費や教育費などをどうするかなど、その度に決めていく必要があります。

2. 財布は一緒にして、どちらか一方が管理する

夫婦で共通の家計口座を作り、そこに2人の収入を振り込んだのち、支出や貯蓄、おこづかいなどを振り分ける方法です。

実際のお金の管理は、夫か妻、どちらか一人が中心に行います。このやり方は、どちらか一方が金融機関に勤めていたり、経理担当であったりと、お金の扱いに慣れている場合に見られます。

また、この方法に似たもので、妻の収入は初めからないものとして全て貯金に回し、夫の収入だけでやりくるするというパターンもあります。

この場合も大切なのは、お互い情報を共有できるようにすることです。一方がお金に関して詳しいからといって、もう片方がまったく家計の状況を知らずに過ごしてしまうことも多いのです。

特に高額の買い物をするときは注意が必要です。夫が妻に内緒で高額のゴルフクラブを買うとか、妻が夫に相談せず最新冷蔵庫を買うというのも問題ですが、税制の問題としても、例えば二人の共通の貯金口座(夫名義)で車を購入し、その名義を妻にした場合、金額によっては夫婦といえども贈与税がかかる恐れもあります。

3. 財布は一つで、夫・妻が分担して管理する

いわば、1と2を併せた管理方法です。二人の収入を、あらかじめ決めておいたお小遣い分以外、家計用の口座にまとめ、そのあとの支出は夫婦が分担して管理します。

妻が食費や生活費、夫が住宅費や資産運用を担当するのは1と同じですが、自分の口座からではなく、家計用の口座なので、責任感が生まれやすいのが特徴です。また、どちらか一方の任せっきりにしないので、忙しい共働きの夫婦でも協力して管理しやすいというメリットもあります。

この場合も、お互いの担当以外は無関心になってしまいがちなので、「生活費に無駄はないか」「貯金はちゃんとできているか」など、定期的に話し合いを持つことが大切です。

行動経済学から見た夫婦会計

最後に、口座管理のしやすさやメリットという観点でなく、デューク大学のダン・アリエリー教授が、著書『アリエリー教授の人生相談室行動経済学で解決する100の不合理』で夫婦口座について述べていた内容がとても印象的だったので、ご紹介します。

  • 夫婦別々の口座を持っていても、それは実質共同口座である。なぜなら、二人が取るどのような行動も、二人の経済状況に直に影響を及ぼすから。夫が高級車を買えば将来二人が旅行や医療費にかけられるお金は減ることになる。
  • 結婚という試みは、「僕が君の面倒を見るから、君は僕の面倒を見てくれ」という社会的契約を結ぶことであり、お互いが相手に対する務めを果たすことが成功のカギになる。
  • 夫婦二人が別々の口座を持っているとして、レストランに行った場合、会計は割り勘にするだろうか?どちらかがワインを1杯多く飲んだ場合は?相手のお金がなくなった場合はどうしよう?1週間皿洗いをしたら「自分のお金」をあげるべきか?という問題が生じる。
  • 深い人間関係にお金が絡むと、二人の関係は愛情や思いやりというよりは、援助交際に近くなってしまう。口座を分けることは経済的に自由度が上がるが、そのせいで夫婦関係に不要なストレスが加わってしまう。よい関係を築くためには、効率を多少犠牲にする価値がある。

口座管理について参考になれば幸いです。

関連記事

  1. 意思決定に役立つマネー用語(2) − 機会費用

  2. バランスシートの作成

    1年に1度は家計のバランスシートを作ろう

  3. バランスシート

    貸借対照表(バランスシート)で家計の安定度を見る

  4. 嵐山の竹林

    給与明細から正しい手取り(可処分所得)を計算しよう

  5. 妊娠・出産の保障

    妊娠・出産時に利用できる社会保障と公的補助(下)

  6. ライフイベント表

    ライフイベント表を作ろう

  7. 住居の選び方

    新居を探す時に考えること

  8. 母子家庭を援助する制度

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。