老後に残したい4つの財産

老後に必要な4つの財産

以前は老後の相談といえば50代前半の方からが多かったのですが、最近では40代半ばの人、若い人では30代前後の人から老後に関してのご相談があります。ほとんどが「老後資金はどういった運用で貯めればいいですか?」というご質問なのですが、その時にお話しする内容を今回はコラムで書きたいと思います。

老後というとお金のことばかりに目が行きがちです。もちろんお金は大切なのですが、お金だけで老後の生活が充実するとは限りません。私がお金と同じように老後に持って行っていただきたい財産は、『健康』『人間関係』『趣味』の3つ。これから、お金を含めた4つの財産を、1つずつご紹介します。

お金

雑誌やテレビ番組などで、老後には3,000万円必要、いやいや1億円は無いと心配、または2,000万円でも大丈夫など、資金面でいろいろな試算がされています。これらはだいたい、老後の支出が現在と同じ、また老後の収入が年金以外は0という仮定で話されています。

確かに私も老後は国民年金だけで大丈夫などというつもりはありません。ある程度貯蓄も必要ですし、若いうちから公的年金の上積みを考えるのも必要な手段でしょう。

ただし、「これだけ貯めておけば安心」といった数値は、残念ながら提示できないのが現状です。公務員の退職金が何百万という単位で削減されたのは最近のことですし、年金も減額にはなるでしょう。インフレも起こるかもしれません。

それよりも、老後になってから収入を増やす手段、または支出を減らす工夫というような、『調整力』『適応力』の方がより重要になってくると思うのです。

例えば、タワーマンションの上階から普通のマンションに引っ越すだけで家賃はだいぶ変わりますし、夫婦二人なら2LDK程度の部屋に住めば、支出はだいぶ少なくなります。

また、老人になってお金に困りそうだなと思った場合、働くという選択肢は今後特別なものではなくなるでしょう。もちろん若い時のような収入は期待できませんし、仕事もえり好みできないかもしれません。しかし、貯金残高を気にして毎日家に閉じこもっているよりはよほど幸せなことではないでしょうか?

これらの『適応力』や『調整力』を養うためにも、他の3つの財産がとても重要になるのです。

健康

老後のすべての柱になるのは、健康です。健康であれば医療費も介護費用も少なくなります。結果、自分だけではなく、家族や周りの人にも迷惑をかけずにすみます。健康は、経済的に、そして豊かに老後を過ごすための基礎なのです。

健康は高齢になってから気をつけてよくなるものでもありませんので、若い時からのケアが必要です。食事、生活習慣、運動、そして精神的にも健全でいられるように、現役時代から管理しておく必要があります。

もちろん健康にいくら気をつけていても、不慮の事故や突然病気になるかもしれませんが、それでも今から健康に留意することで、老後の生活がより良いものになることに疑う余地はないでしょう。

人間関係・趣味

お金があり、健康であっても、老後はただテレビを見て毎日を過ごし、ただ死を待つだけでいいと考える人はいないと思います。

心理学者ロバート・ウォールディンガー氏らは、1938年から75年間、724人の男性を調査し続けました。本来こういった研究は10年程度で頓挫することが普通のようですが、この研究チームは、調査開始時10代だった若者が90代になるまで追跡し続けたのです(ウォールディンガー氏は4代目の責任者だそうです)。

75年に渡る研究から、はっきりと分かった事は、私たちを健康に幸福にするのは、富でも名声でもなく、良い人間関係に尽きるという事でした(TEDの記事はこちら)。

そして、もう一つ重要なのが、趣味。生きがいということもできます。どんな趣味でも、一生懸命打ち込めるものならばいいですが、それが人と社会に関わったり、誰かに喜んでもらえる、誰かと一緒に喜べるものなら、老後はより豊かになるでしょう。

 

お金も健康も、趣味も人間関係も、老後になってから慌てて準備を初めても間に合いません。

また、お気づきと思いますが、この健康・人間関係・趣味などは、現役時代でもあったほうが絶対良いものです。老後に必要なものというのは結局現在も必要なものなのです。

老後資金を心配するあまり、他のものを削ろうとする人が多いのですが、ただ生きれば良いと考えるのではなく、豊かな老後のために、上の4つを、バランスよく残せるように老後に備えていただければ嬉しいです。

 

関連記事

  1. 主婦のiDeCo

    主婦がiDeCoを利用するメリットは少ない

  2. 高額療養費制度

    医療費を心配しすぎない

  3. 確定拠出年金(下)

    サラリーマンが知っておくべき確定拠出年金の事実(下)

  4. 自営業者の年金制度2

    自営業者が利用できる老後資産形成のための制度(下)

  5. ライフイベント表

    ライフイベント表を作ろう

  6. 老後の準備は年金額を知ることから – 年金の確認方法3つ

  7. 自営業者の年金

    自営業者が利用できる老後資産形成のための制度(上)

  8. 老後のライフプラン2

    これまでの老後のライフプランは参考にならない(2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。